1. TOP
  2. 白肌・透明感
  3. トレチノインハイドロキノンを皮膚科で処方される費用は?

トレチノインハイドロキノンを皮膚科で処方される費用は?

 2018/06/26 白肌・透明感
この記事は約 5 分で読めます。

美容皮膚科や美容外科クリニックでも推奨されるトレチノインハイドロキノン治療法ですが、診療費の他にトレチノイン治療薬とハイドロキノン治療薬の値段が高額で治療を諦めていませんか?

シミやそばかすを消したい肝斑を無くしたい乳首の黒ずみを薄くしたいなど、自分のコンプレックスである悩みをとにかく解消したいと願う女性は多いと思いますが、美容皮膚科や美容クリニックに相談に行くとほぼトレチノインハイドロキノン療法を薦められます

2つの外用薬を気になる部分に塗るだけで、自宅で治療が出来るので、最近は美容皮膚科や美容クリニックでも推奨され、治療の値段としてはかなり安くなるのですが、それでも月に数万円の治療薬を購入することになり、途中でレーザー治療なども薦めてくるために結局出費が大きくなります。

トレチノインハイドロキノンの最安値セットなら

  1. BIHAKUENトレチノインハイドロキノンセット

    商品説明
    トレチノインハイドロキノン療法は過度の色素沈着、黒ずみ、メラニン色素沈着、黒皮症、斑点、そばかすを薄くするための治療薬です。トレチノインとハイドロキノンを併用することで得られる相乗効果が高い美白効果をもたらすことでも有名です。

    トレ&ハイ最安値セットはこちら

トレチノインハイドロキノン療法の知識

トレチノインハイドロキノン療法の知識

トレチノインハイドロキノン療法の治療方法を熟知していれば、治療薬は海外個人輸入で格安に購入できますので、美容皮膚科の10分の1程度で治療することができます。

ただトレチノインハイドロキノン療法は、治療を始めると赤みが出たり、肌がポロポロと剥がれてきたり、肌が薄くなって極度に乾燥したり、薄くなっている肌に刺激を与えてしまうと通常よりも肌にダメージを受けて色素沈着や炎症をおこしてしまうことになります。

治療中の正しい対処法を知らないままトレチノインハイドロキノン療法を行うのは危険ですので、その場合は美容皮膚科や美容クリニックに通い、勉強代と思ってお金を払うことも必要です。

既にトレチノインハイドロキノン療法を実践している方や、成分特徴や対処法などを熟知している方は、治療薬を個人輸入サイトで購入する方がかなりお得になりますのでおすすめです。

ハイドロキノン治療薬はBIHAKUENハイドロキノン、トレチノイン治療薬はBIHAKUENトレチノイン、この2つの外用薬を使うことで、自宅でトレチノインハイドロキノン療法を行うことが可能です。

トレチノインハイドロキノン療法とは

トレチノインハイドロキノン療法とは、美白作用の強いハイドロキノンと、肌の新陳代謝を促進するトレチノインを併用することで、お互いの弱点をカバーし合い、美白効果が高まり、相乗効果が生まれる美白治療法です。

ハイドロキノンは極稀にアレルギー反応など出る方もいますので、心配ならばBIHAKUENハイドロキノンでパッチテストをした後に治療に入りましょう。

トレチノインは、肌のターンオーバーを促進して、新しい肌を通常よりも早い期間で作り出し、古い肌と一緒にメラニン色素や色素沈着を角質まで持ち上げて剥がします。

トレチノインの作用で表皮が薄くなったところに、強力な美白の活性作用を持つハイドロキノンが漂白にかかりますので、皮膚の奥までハイドロキノンが浸透しやくすなり、とても効率的に美白が行えます。

トレチノインで皮膚が薄くなっているので、ハイドロキノンの弱点である浸透力も格段に上がります。

またトレチノインはビタミンA誘導体の一種で、肌の内部でコラーゲンやヒアルロン酸の生成もサポート、過剰な皮脂分泌も抑制するので、美肌効果のある滑らか肌に生まれ変わります。

トレチノイン治療薬は単体だと、ニキビやシワやタルミの改善などに使用されますが、ハイドロキノンと併用することで、美白効果が高まり、相性抜群のコンビネーションで皮膚の再生や美白効果を発揮します。

ハイドロキノン濃度は5%が限界と言われていますので、低濃度2~4%のBIHAKUENハイドロキノンを選びましょう。

治療方法には東大式やオバジ式などありますが、一般的には3ヶ月程トレチノインとハイドロキノンを併用して使い、2週間休むことを1クールとして治療する方法です。

継続して使い続けていると皮膚も身体もトレチノインやハイドロキノンに慣れてしまい、効果が薄れるので、3ヶ月治療を続けたら2週間ほど休む必要があります。

トレチノインハイドロキノン療法の費用の比較

美容クリニックや美容皮膚科でトレチノインハイドロキノン療法をする場合、治療薬を処方してもらうと、1ヶ月分で約3~5万円程かかるのが相場です。

一方、海外個人輸入の信頼できる通販サイト「オオサカ堂」で治療薬を購入すると、ハイドロキノン4%のBIHAKUENハイドロキノンは2,500円程度、トレチノイン0.1%のBIHAKUENトレチノインが3,000円となりますので、1ヶ月分は5,500円程度となります。

ただし、トレチノインハイドロキノン療法には治療中に注意するべき点がありますので、治療方法を熟知している場合は個人輸入でも問題ありませんが、全くの初心者はネットの情報などで勉強するだけでは危険です。

トレチノインハイドロキノン療法を初めて行う場合には、高いお金を払ってでも美容皮膚科に相談に行くのがおすすめです。

トレチノインハイドロキノン療法の注意点や治療方法などは当サイトでも説明している記事が幾つもありますので、過去記事を見て頂ければ良く理解して頂けると思います。

\ SNSでシェアしよう! /

キレナリの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレナリの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kaori Shiraishi

kaori Shiraishi

京都府出身、美容ライター。 20代後半で結婚、翌年に出産を経験して、体型を戻すことに苦労する。過度のダイエットで体調を崩したり、リバウンドをしたり、肌荒れが酷くなった経験を元に、健康的な美人を目指す生活を実践。3年かけて出産前の体重を下回ることに成功。その後、肌荒れ改善や独自の美容論を実践して、美容ライターに転身する。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【最新】ハイドロキノン通販おすすめランキング│最強美白を目指すなら必見!

  • 霊芝胞子蜂膠(漢方)の効果は?飲み方で変わる免疫サポートや滋養強壮

  • パースピレックス・ロールオンストロング通販最安値で脇汗や多汗症を解消するなら

  • 【検証】トレチノインで毛穴のデコボコ肌は解消できるの?ニキビ跡の悩みコラム

関連記事

  • ハイドロキノンの使い方!シミそばかすの順番と期間や注意点、皮膚科や量など徹底調査

  • ユークロマクリームの効果的な使い方と最安値で買える通販

  • かぜ薬で処方されるトランサミンは美白に効果あり?通販で購入する方法もあった!

  • ハイドロキノンと白斑の危険性については?

  • スティーバAの効果を3倍アップさせる使い方とは

  • ハイドロキノン軟膏作り方とアレルギーについて