1. TOP
  2. 白肌・透明感
  3. かぜ薬で処方されるトランサミンは美白に効果あり?通販で購入する方法もあった!

かぜ薬で処方されるトランサミンは美白に効果あり?通販で購入する方法もあった!

 2018/10/30 白肌・透明感
この記事は約 4 分で読めます。
かぜ薬で処方されるトランサミンは美白に効果あり?通販で購入する方法もあった!

かぜの初期症状(のどの痛み)で病院に行くと、必ずと行って良いほど処方される「トランサミン錠」ですが、トランサミン錠にはシミの症状を改善する効果もあることを知っていますか?

知っている人は美白スキンケア化粧品だけで終わらない!?

美白を追求して結果を出している「真の美白美人」が実践している方法・・・それが「トランサミン錠」だったのです。

トランサミンの最安値はどこ?

  1. トランサミン250mg

    トランサミン商品説明
    美容外科でもシミの内服薬として使われているトラネキサム酸を有効成分とする、シミや肝斑(かんぱん)など女性のお肌の悩みに有効な内服薬です。
    トランサミンの有効成分であるトラネキサム酸は、必須アミノ酸リシンを元に合成されたアミノ酸。トラネキサム酸には、抗プラスミン作用があります。プラスミンの主な働きは血栓を溶かすことですが、同時にメラノサイト(色素細胞)活性化因子でもあり、シミや肝斑を作る原因となります。トラネキサム酸は、このプラスミンの働きを抑制することで、メラニンの発生を抑えてシミや肝斑の発生を阻止します。

    内容量250mg 1本100カプセル
    成分 トラネキサム酸
    価格 約2,161円

    トランサミン250mgはこちら

  2. トランサミン500mg

    トランサミン商品説明
    美容外科でもシミの内服薬として使われているトラネキサム酸を有効成分とする、シミや肝斑(かんぱん)など女性のお肌の悩みに有効な内服薬です。
    トランサミンの有効成分であるトラネキサム酸は、必須アミノ酸リシンを元に合成されたアミノ酸。トラネキサム酸には、抗プラスミン作用があります。プラスミンの主な働きは血栓を溶かすことですが、同時にメラノサイト(色素細胞)活性化因子でもあり、シミや肝斑を作る原因となります。トラネキサム酸は、このプラスミンの働きを抑制することで、メラニンの発生を抑えてシミや肝斑の発生を阻止します。

    内容量250mg 1本100カプセル
    成分 トラネキサム酸
    価格 約2,161円

    トランサミン500mgはこちら

トランサミン錠(トラネキサム酸)は炎症を抑える薬として有名ですが

トランサミン錠

美白スキンケアでも、確かに肌は白くなり、キメ細やかな素肌になりますが、シミ、ソバカス、肝斑などで悩んでいる方は、トラネキサム酸(一般名トランシーノ)医薬品内服薬を併用して、体の内側から美白ケアをしています。

トランサミンとは、出血を止める止血剤、抗プラスミン薬で、アレルギー症状や炎症、赤み、腫れなどの緩和にも利用され、色素沈着の抑制効果が報告されており、皮膚科ではその美白効果でシミ、肝斑の治療薬、処方薬としても使用されています。

高濃度のハイドロキノンの副作用である赤み、炎症、アレルギー反応などの改善にも効果があります。

トランサミン錠(トラネキサム酸)の副作用について

トランサミン副作用

トランサミン錠の医薬品情報で深刻な副作用は現時点の研究では見つかっていません。安全性の高い成分の薬です。副作用はほとんどありません。

稀に出る軽微な副作用としては、食欲不振、悪心、嘔吐、胸やけ、そう痒感、発疹などがあります。

持病やアレルギーのある方で既にお薬を飲んでいる方は、トランサミンとの併用できるか医師か薬剤師と相談してください。

トランサミン錠250mg(100錠)の特徴解説と商品情報

  • トランサミンの主成分トラネキサム酸はシミ、肝斑の改善効果が臨床的に実証されています。
  • 炎症を抑える効果、アレルギー症状や蕁麻疹、口内炎などを改善する効果があります。
  • メラニン生成を抑制効果でシミ、肝斑の内服薬としても外用薬と併用して使われます。
  • 成分と内容量は、Tranexamic Acid(トラネキサム酸) 250mg×100錠

実際にトランサミン錠で美白する際の使い方とは

トランサミン使い方

  • 通常、成人の場合、1日750~2,000mgを3~4回に分割して服用します。
  • 多種ビタミン(ビタミンC郡)との併用により効果が上がりますのでオススメです。
  • 3ヶ月以上服用することで効果が高まるようです。
  • お薬と言ってもトランサミンはシロップタイプもあり赤ちゃんから使用出来るほど安全性の高い内服薬です。

トランサミン250mgを通販で購入することは出来るの?

トランサミン通販

トランサミン錠は日本国内では処方薬になりますので、病院で医師に診察を受け、処方箋を書いてもらわないと購入することは出来ません。

ただし海外の医薬品を自分が使うものに限り購入することができる「個人輸入の通販サイト」を利用すれば、トランサミン錠もネット通販で購入することが可能になります。

化粧品だけでシミやそばかすなどを薄くするのには限界があり、トランサミン錠のように内服薬でシミを改善する方法を併用することで美白にかかる期間が短くなることは言うまでもありません。

世界のセレブと呼ばれる女性たちは、トランサミン錠は美白に対する必需品になっています。

いつまでもお肌に塗る化粧品だけに頼っていないで、トランサミン錠でお肌の奥からシミやくすみを改善してみてはいかがでしょうか。

トランサミンの最安値はどこ?

  1. トランサミン250mg

    トランサミン商品説明
    美容外科でもシミの内服薬として使われているトラネキサム酸を有効成分とする、シミや肝斑(かんぱん)など女性のお肌の悩みに有効な内服薬です。
    トランサミンの有効成分であるトラネキサム酸は、必須アミノ酸リシンを元に合成されたアミノ酸。トラネキサム酸には、抗プラスミン作用があります。プラスミンの主な働きは血栓を溶かすことですが、同時にメラノサイト(色素細胞)活性化因子でもあり、シミや肝斑を作る原因となります。トラネキサム酸は、このプラスミンの働きを抑制することで、メラニンの発生を抑えてシミや肝斑の発生を阻止します。

    内容量250mg 1本100カプセル
    成分 トラネキサム酸
    価格 約2,161円

    トランサミン250mgはこちら

  2. トランサミン500mg

    トランサミン商品説明
    美容外科でもシミの内服薬として使われているトラネキサム酸を有効成分とする、シミや肝斑(かんぱん)など女性のお肌の悩みに有効な内服薬です。
    トランサミンの有効成分であるトラネキサム酸は、必須アミノ酸リシンを元に合成されたアミノ酸。トラネキサム酸には、抗プラスミン作用があります。プラスミンの主な働きは血栓を溶かすことですが、同時にメラノサイト(色素細胞)活性化因子でもあり、シミや肝斑を作る原因となります。トラネキサム酸は、このプラスミンの働きを抑制することで、メラニンの発生を抑えてシミや肝斑の発生を阻止します。

    内容量250mg 1本100カプセル
    成分 トラネキサム酸
    価格 約2,161円

    トランサミン500mgはこちら

合わせて読みたい記事はこちら!

\ SNSでシェアしよう! /

キレナリの注目記事を受け取ろう

かぜ薬で処方されるトランサミンは美白に効果あり?通販で購入する方法もあった!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレナリの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kaori Shiraishi

kaori Shiraishi

京都府出身、美容ライター。 20代後半で結婚、翌年に出産を経験して、体型を戻すことに苦労する。過度のダイエットで体調を崩したり、リバウンドをしたり、肌荒れが酷くなった経験を元に、健康的な美人を目指す生活を実践。3年かけて出産前の体重を下回ることに成功。その後、肌荒れ改善や独自の美容論を実践して、美容ライターに転身する。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【最新】ハイドロキノン通販おすすめランキング│最強美白を目指すなら必見!

  • 霊芝胞子蜂膠(漢方)の効果は?飲み方で変わる免疫サポートや滋養強壮

  • パースピレックス・ロールオンストロング通販最安値で脇汗や多汗症を解消するなら

  • 【検証】トレチノインで毛穴のデコボコ肌は解消できるの?ニキビ跡の悩みコラム

関連記事

  • ハイドロキノンで陰部の黒ずみを美白する方法とは

  • ハイドロキノン軟膏作り方とアレルギーについて

  • いまさら聞けない「ハイドロキノン化粧品の効果と危険性」超入門

  • ハイドロキノンの使い方!シミそばかすの順番と期間や注意点、皮膚科や量など徹底調査

  • スティーバAの効果を3倍アップさせる使い方とは

  • ハイドロキノン5%で白斑になる?安全性の限界はどこまで